ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンクロニシティ

エゴは、偶然も上手く使う。

まるで、初めて見たかのように驚きや
衝撃に見せるが、私の心とエゴが事前に準備して
いたものだ。

けれども、偶然に見える。

必然だと、思い出すことができますように…



[PR]
by kokoro3heian | 2018-06-21 07:56 | つぶやき | Comments(0)

テキスト 第十一章  つづき

神か、自我か

癒しへの招待

「癒しは理解することを学ぶためのレッスン」



闇から光へ

「苦痛は神からのものではない。」

葛藤 ... 神を攻撃している。神の子を攻撃している。
     神の子とは、わたし、そして あなた。

それは、盲目で、攻撃の相手が見えない。
真理とは、とてもクリアで知らないことは何もない。

神か。自我か。  光か。闇か。

ふと、なんとなく気づきはあるけど、それをどう書いたらいいか
分からない。峠を越したような、そんな感覚。


神の子が受け継いでいる賜物

「あなたを何から救済されるのではなく、栄光のために救われるのである。」
人を責めたくなった時、誰かに転嫁するのではなく、聖霊に取り消しを
願うこと。それで罪悪感は消える。非難は別のどこかに転嫁してはいけない。

非難 → 自我 → 自我と同化

非難ではなく賞美する。


自我の「力動論」

「幻想を直視しない限り、誰も幻想から逃れることはできない。見ないで
いることにより、幻想が保護されているからである。」

今日は、ボランティアで、怒りを直視することになった。
怒りとの対峙。エゴを見つめる。
うーーん... 光は見つけられたのかな? 聖霊にお願はしたけど...

依存はいけないこと...うんざりすること...悪いこと... そんな感じがする。
自立することが良いことだという認識があるけれど、それが分離を生み出して
いたのか...な。 そうだよね。たしかに。
けれども、依存はいけないことだと育ってきたように思う。
混乱してるな... 恐れもすごく感じる...

違う。依存はいいことだと育ってきたんだ。 そこから離れることが
いけないと感じていて、それが罪悪感だったんだ。

憧憬... あこがれ

苦手な人がいるんじゃない。青の人に私が反応していて、その反応している
自分が嫌だったんだ。
それを実感した日だった。

ボランティアのときの、嫌な経験が思い出される。
何度やっても上手くいかないと、なんでこんなにへたっぴなんだと
悲しくて怒りになっている。
なんでちゃんと教えてくれないの、だの、なんで押し付けるの、だの
周りを責めようと躍起になる。ああ...まさにエゴだ。

自我の自立の夢 = 恐れ  この恐れが分離を支えている

ということは、このリフレインは恐れによるもので、
(確かに恐れの感情がエゴだと分かる)これが分離を支えているのだよな!

「しかし、神の機能があなたの機能であり、幸福は、あなたと神の共同の
意志から離れては見出せないということをあなたは知ることができる。」

聖霊の教えをもっと知りたい。真実と偽りを区別できるようになりたいな。

[PR]
by kokoro3heian | 2018-06-15 11:24 | 癒しへの道 | Comments(0)

第十一章

神か、自我か



「私の父は誰なのか」

思いだそう

今の自分は、自分以外を裁いた結果なんだな。
それで、どんどん どんどん 落ちていく感覚を味わっている。
ここから抜け出せるかな...
鬱的な部分を持っていると、信じている私から...


父性という贈り物

苦しい時は、選択が間違っているのだけど、苦しいゆえに
焦ったり、もがいたり、泣いたり、動揺したりする。
苦しい時は、じっと受け止めて あとは軽くなり、好きなことを
した方がいいみたいだ。私の場合。

感情は、しっかり今味わった方がいいと“「今この瞬間」への旅という“本に
書いてあった。
感情は、解放のチャンスがここに現れたものだから、味わうと
流れていくものなんだと。

否定すること = 知ることをしない
「あなたが神の子であるということが神の意志である。」
神の意志とは?
先延ばしをする必要なんてないのにな。

なんて思いながらワークブックを開く
開いたところは、lesson165
私の心が、神の想念を拒否しませんように。


「時間の中でさえ、あなたは神から離れて生きることはできない。」

鬱は、幸せになることへの抵抗
この世界には~~すれば良いという答えはない。
「答え」は、ただ神の中にある。心の中にある。
すべてのことが神の意志なら、うまくいくに違いない。
聖霊は神を代弁する声。
信頼できる。

神の意志を共有する。
「あなたは神の意志を恐れているが、その理由は、それが自分の
意志ではないと信じているからである。
この信念が、あなたの病気の全容であり、あなたの恐れの全容である。
病気と恐れのあらゆる兆候がここから生じる。」

なるほど!これが、思い通りにならないという不安、不満、恐れだ!!

「だからこそ、癒しとは、あなたの意志は神の意志だという
認識のはじまりなのである。」


[PR]
by kokoro3heian | 2018-06-13 18:25 | 癒しへの道 | Comments(0)