ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

テキスト 十三章 つづき

罪なき世界

罪悪感の雲 つづき
「あなたが自分自身を自由にしたいなら、未来と
過去の間に、神の法則が介入したければならない。
贖罪は過去と未来の間で、明るいランプのように
輝くので、あなたが自分自身を縛りつけてきた
闇の鎖は消えてしまう。」

「世界は、あなたから与えられたものしか、あなたに
与えることはできない。」

そういえば、中学生の頃、自分は何をやってもダメで
へったくそでブサイクだと落ち込む毎日だった。
いじめをキッカケに、人と話さなくていい気楽さで
自由を感じたりした。何もしていないのに全てが
光って、すべての人が愛しいと感じるときもあった。
今もその過去が、時々現れる。
闇の鎖を外して自由になりたい。

ああ…囚われの身。
どうして兄弟を縛りつけてしまうのだろう…
この感情は恨みのようにも思える…

人に罪をなすりつけることで、自分は救われると
どこかで信じている。
恐れがあるからだ。
相手が自由になり強くなることが怖いからだ。
でも、怖いのは、エゴ自身だ。
私ではない。
私にとっては好都合なんだよね。本当は。
彼は私であり、私は彼である。
「狂気を正当化できるものはなく、自分の身に処罰を
求めることが狂気でないはずがない。」

しっかり自分を責めてるもんな~
責めて、嫌な気持ちになるから人を責める。
その繰り返しだ 122.png

「神の子を部分的に咎めることは不可能だと、常に覚えておきなさい。」

ひえ~~~~ 122.png 嫌だな~~って、責めてるもんな~~

「あなたが恐れているものはすでになくなっている。」
罪悪感をなすりつけ合うのは疲れる。
そこから逃れようと、ゲームやテレビや本を読むけれど、
一気に怒りが襲ってくる。
内側には、いつもキリストがいる。
静寂と平安は、いつもここにある。
胸の中の影や闇は存在しない。

「だから、神があなたの中に置いた光を見なさい。
あなたがそこにあるだろうと恐れていたものは、
愛と入れ替えられているということを学びなさい。」

ワークブック lesson190
「私は苦痛のかわりに神の喜びを選択する。」

[PR]
# by kokoro3heian | 2018-11-08 18:07 | 癒しへの道 | Comments(0)

テキスト 十三章 つづき

罪なき世界

罪悪感の雲
自分が損をしているのではないか?とか、
どう考えても間違ってることに対する
怒り、理不尽… 切りがないけど、芋ずる式で出てくるけど、こらが恐れなんだな。
私、恐れているんだ…
それが罪悪感という仕組みか…。

「罪悪感を抱く者たちは常に咎める。そして、すでに咎めた上でさらに咎めるので、自我の法則通りに、未来を過去に連結させる。」
まさに!


[PR]
# by kokoro3heian | 2018-10-09 13:49 | 癒しへの道 | Comments(0)

テキスト十三章 つづき

罪なき世界

知覚から智識へ
資格にまつわる、過去のトラウマから、最近は
抜け出せずにいる。
今までのトラウマを、ちゃんと癒すシチュエーション
にはなってる。
過去の傷だと思うものが 浮かび上がってくる。
もうすべて、赦すしかないんのだけど…
でももう、赦せているのかもしれない…という気持ちになる。
聖霊と共に達成しよう。
トラウマだったことを克服し、心の静けさへと
達成しよう。

「実相の側面は、あらゆるところで、あらゆるものの中に
見ることができる。」
聖霊によって癒された視覚が、癒す視覚を闇の中にもたらす…ってことかな。

「神は、あなたが神の子とご自身を証しするのを待っている。」

スマホで入力は、しんどいけど 続けてみようと思う…

[PR]
# by kokoro3heian | 2018-10-09 13:26 | 癒しへの道 | Comments(0)

こまった☹️

パソコンで、このブログが開けなくなった。

スマホで更新するのは、ちょっとつらい…

これも抵抗なのかな…

さすがに、新しいパソコン欲しいなぁ…

困ったなぁ…


[PR]
# by kokoro3heian | 2018-10-07 15:54 | つぶやき | Comments(0)

テキスト第十三章 つづき

罪なき世界

実相世界の達成

実相世界に存在するものは、すべてが永遠に光り輝いている。
「痛みに疼いているこの世界には、生ける世界に触れるだけの
力はまったくない。」
「実相を裁くあなたに実相は見えない。」

否定されたものは認識されない。

私の誤りを認め、ゆるし、聖霊へ この悲しい世界を明け渡す。

わたしは、いま、神を理解することができる。
真の知覚

私は欠乏の世界を見て、欠乏の世界にいる。
実相の世界と欠乏の世界の仲介者として、聖霊がいる。
「聖霊のみが、あなたに何が必要かを知っている。光への道を
阻むことのないすべてのものを、聖霊はあなたに与える。」

「聖霊は、あなたがそこでくつろげないことを知っており、あなたの
喜ばしい帰郷を遅らせ、待ち続けることは意志しない。」

「聖霊は、あなたが私たちとあなた自身に目覚めることをあなたに
教えるだろう。これだけが、時間の中で満たされるべき唯一の真の
必要である。」

たくさんの過去の思い出や妄想の中を巡っている感じがする。
最近みる夢も、怒りのものだったりして、そこに頭を突っ込んでいる感じ。

目覚めは、心の静けさにある。
何にも邪魔されない強さにある。
私が聖霊と共にある。

仕事の事で、怒りがおさまらなかった。
何度も聖霊に頼んでみる。
怒りの原因ってすべてが思い込みからくるものだから、聖霊に預けてみる。
人に対してイライラしていたのだけど、それは聖霊に対する私の態度でもあった!
やはり、素直に聞いていると、サクサク進むんだな!

[PR]
# by kokoro3heian | 2018-09-28 11:59 | 癒しへの道 | Comments(0)