ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

テキスト13章 つづき

罪なき世界

救いに対する恐れ

闇だと思っていた所には宝がある。
罪だと思っていた事柄の土台の下に、天国や神の記憶が眠っている。
その眠っている記憶は兄弟たちの中に見える。
兄弟の中に、その真理の場所がある。
「あなたの愛から誰も除外してはならない。」
愛は恐れのある所には入って行けない。

あー...除外しようとしてたなぁ~...
自分の中の嫌な部分を、人に投影して 遠ざけようとしたり責めたり、
なんとか除外しようと躍起になっている時がある。
そういう時って、夢を見ている時と似ている。
「いま」に留まることなく、そっちに没頭している。

兄弟は時々、私を欺こうとする。それが嫌だ。
心閉ざしたくなる。
けれども、欺こうとしたり攻撃したりするエゴには、何の力も
ないのだ。本当は無力なんだ。

特別な愛は必要か? それは無力であるのに...


時間の機能

自我の時間の考え方... 過去を重視し、それを未来へ反映させる。「今」は自我にとって
           過去を思い出させるだけで、何の意味もない。
           過去の印象(イメージ)を保存し、現在の実相を覆い隠す。
「過去からの影法師こそが、あなたが逃れるべきものである。」
目の前の兄弟からのメッセージを自分自身の過去から受け取り、反応し、未来を
作り出している。

本当は過去も未来も存在しないのに。過去の影法師は夢に似ている。

「過去の苦痛は幻想だと学ばない限り、あなたは幻想からなる未来を選んでおり、
現在において見出せるはずの解放のための多くの機会を失っている。」

過去はいらない。存在しない。聖霊のそれだけを見る。
そうか、過去の自分との出会いなのか...
神聖な出逢いでありたい。

聖霊よ、いつも神聖な出逢いができますように。
救済の共有ができますように。

「すなわちとは、この世界が提供するものの中で最も永遠に近いものだから
である。過去も未来もない「今」という実相の中で、永遠が賞美され始める。
「今」のみがここにあり、「今」のみが、救済を見出せる場となる神聖な出会いの
機会を提供するからである。」

聖霊はあなたを時間から解放しようとする。
自我の継続性は あなたを時間の中にとどめようとする。

過去ではなく、現在を延長させる! 未来を解き放つ! 今!

[PR]
by kokoro3heian | 2018-09-27 18:17 | 癒しへの道 | Comments(0)