ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

第十一章

神か、自我か



「私の父は誰なのか」

思いだそう

今の自分は、自分以外を裁いた結果なんだな。
それで、どんどん どんどん 落ちていく感覚を味わっている。
ここから抜け出せるかな...
鬱的な部分を持っていると、信じている私から...


父性という贈り物

苦しい時は、選択が間違っているのだけど、苦しいゆえに
焦ったり、もがいたり、泣いたり、動揺したりする。
苦しい時は、じっと受け止めて あとは軽くなり、好きなことを
した方がいいみたいだ。私の場合。

感情は、しっかり今味わった方がいいと“「今この瞬間」への旅という“本に
書いてあった。
感情は、解放のチャンスがここに現れたものだから、味わうと
流れていくものなんだと。

否定すること = 知ることをしない
「あなたが神の子であるということが神の意志である。」
神の意志とは?
先延ばしをする必要なんてないのにな。

なんて思いながらワークブックを開く
開いたところは、lesson165
私の心が、神の想念を拒否しませんように。


「時間の中でさえ、あなたは神から離れて生きることはできない。」

鬱は、幸せになることへの抵抗
この世界には~~すれば良いという答えはない。
「答え」は、ただ神の中にある。心の中にある。
すべてのことが神の意志なら、うまくいくに違いない。
聖霊は神を代弁する声。
信頼できる。

神の意志を共有する。
「あなたは神の意志を恐れているが、その理由は、それが自分の
意志ではないと信じているからである。
この信念が、あなたの病気の全容であり、あなたの恐れの全容である。
病気と恐れのあらゆる兆候がここから生じる。」

なるほど!これが、思い通りにならないという不安、不満、恐れだ!!

「だからこそ、癒しとは、あなたの意志は神の意志だという
認識のはじまりなのである。」


[PR]
by kokoro3heian | 2018-06-13 18:25 | 癒しへの道 | Comments(0)