ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

第六章 続き

愛のレッスン

攻撃の放棄

あなたが愛であることを学びなさい

唯一の答え

正しい心の状態でいたい。

今日は、母に腹が立たなかった。というより、腹が立つ方を選ばなかった。
とても疲れていて眠かったのもあるし、子どものことで気分が沈んでいたのも
あったのか...?
でも、ずっと赦しをしていたのだと思う。感情は沈んでいたけど、攻撃はしなかったから。

 わたしは癒されよう  神のために

 わたしの喜びは 神の喜びなのだから

しっかりと 導いて欲しい  手をとって やさしくしっかりと。

「どのような形で苦しんでいるかには関わりなく、助けを必要としている者は
みな、自分自身を攻撃しているのであり、その結果、彼の心の平安は損なわれている。」

マニュアルより

けれども、損なわれているのであって、失われることはない。

私には能力がないと思いこんでいる。
無力だから助けて欲しい...という自我の論法に従ってしまうことになる。
神を侮辱することはありえない。

私には力はない。と謙遜することは、エゴを支持することになる。
だから傲慢になるんだ。
その違いが、なんとなく分かる気がする。
傲慢だからといって、排除したくなるようなことでもなく...
ただ、間違ってただけだ。


[PR]
by kokoro3heian | 2018-04-09 14:49 | 癒しへの道 | Comments(0)