ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

テキスト 第三章 つづき

第三章 無垢なる知覚

なんでこんなに忙しいんだろう... 忙しい方が余計なことを考えなくてすむからね。
そうかもしれない。

学びと忙しは、関係ないのかな。忙しくても学べるし、忙しくなくても、暇でも学べる。
けれど暇があった方が罪悪感に向き合う時間が長いから、たくさん赦しができる感じがするけど...
忙しい時ほど、瞑想の効果が実感できる。

創造 対 自己イメージ
「神の子供が作り出したもので、力が宿っていないものはなにもない。
これをよく理解することがきわめて重要である。それがわからなければ、あなたは
自分で作りだした牢獄から脱出できないからである。」

何度も何度も、この理解できないレベルに落ちるのは、嘘で出来たこの世界を自分が
作り出しているからなのか...
それは真実ではないのだけど、自分を作ることができると信じている間は、防衛と
攻撃がつづく... ほんとにそうだな~.....。

「あなたは依然として、自分は自分で作り出した形象(イメージ)だと信じている。
あなたの心はこの点に関して聖霊とは見解を異にしている。
そして、あなたがこの文字通りあり得ない一つのことを信じている間は解決という
ものはない。だからこそ、あなたには創造することはできず、自分が作り出すものに
ついての恐れで満たされているのである。」

おととい、私はすごく働いた。にもかかわらず責められ(たと感じ)、
怒りから どうすることもできなかった。
その怒りの正当化は、きのうまで続き、疲れきってしまった。
夜の瞑想で、少し落ち着きを取り戻した感じ。
ワークブックの「癒しとは何か」P477を読んで、さらに落ちついた。

全部に力が宿っている。
それなら、それを否定することは変だな。
だから、善とか悪とか 区別することがおかしなことなんだ。
ずいぶん混乱していたけど、気づきの状態を思い出した気がする。


[PR]
by kokoro3heian | 2018-03-08 15:47 | 癒しへの道 | Comments(0)