ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson346~349

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



父が転んで救急車で運ばれた。バタバタしてしまい、結局、猫の供養にも行けなかった。

人の行いを見て、それがどんなに間違っていると思っても
「そこに安心している」のだから、取り上げようとしても意味がない。
私もエゴにたくさんの安心を抱いているのかもしれない...

そんなことを思った一日だった。


< レッスン 346~348 >

マニュアルのP12~ 読んでいたら、下で(私は2階にいたので)
「ぎゃー ムカデがいる! 掃除機で吸いこめ!」と騒ぐ声が聞こえた。

ムカデ... こわい... これもエゴだよな。と感じた。

そう思いながら、マニュアルを読み始めたら

神の想起を阻む障壁となるのは、赦そうとしない思いの様々な形であり
それ以外の何ものでもない
マニュアルP13より

と書いてあった。なるほど、様々な形になるんだ。ムカデとか!
と、妙に腑に落ちた。

この幻想の中では、私達はつながっていない。
神の光は ひとりひとりにそそがれていて、特別である。
癒された時、わたしたちはひとつであったと知る。
そこでは すべてが つながっている。


< レッスン 349 >

すべての結果に、私の責任があると思っていた!それでいつもゆだねようと思っても
「どうしよう? こうしたらいい? ああするか」と悩んでしまうことがあるんだ。
(すぐに委ねてはいたけれど...)
人をコントロールしたくなるのは、ここにあったんだな~
自分を神だと思っていたんだ!(笑)
そういえば、悩む母に「自分で心臓動かしてんの?あんたは神なの?」と言って
一緒に笑ってたな。

言ってたのに、気づいてなかった!

それは自分に言ってたのに!

あとでいろいろ言ったことに罪悪感を感じていたけど、気にすることないという
のも分かった。
それは、全部自分に言ってることだったんだもんね!
咎めを時々言ってるから、時々罪悪感を感じていたんだ。
自分に言ってることなら、いろいろ気づけるもんな~~
気をつけよう。

ほんとうに。 気をつけて いよう。

わたしは神の子。 神の力をもつ。

けれども その力を 思い出せずにいる。 思い出す方法は、わたしには出来ない。

思い出させてくれるのは 神の力であるから。


マニュアルP29からの気づき
すごくよく分かる。私が癒されてないことも。分かる。
残念な気持ちにより、気づけたことが数倍嬉しい。
ここから抜け出せるような気がする。


[PR]
by kokoro3heian | 2018-01-16 10:58 | 奇跡のコース lesson編 | Comments(0)