ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson331~333

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編





< レッスン 331 >

「恐れは夢」「葛藤は眠り」「平安は目覚め」「死は幻想」「生命は永遠の真理」
ワークブックより

すべての妄想を見る時、喜びの目で見ているか 正しいか?というエゴの目で見ているか。



< レッスン 332~333 >

きのうの夕方から、恐れと向き合うことをしている。
聖霊に聞いてもらい、赦しへ導いてもらおうと思った。

お金のこと。人間関係のこと。稲への信頼。
嫌な人に対しては、そこに恐れがある。と気づいた。
攻撃されることへの恐れ。
...ということは、私はいつも攻撃していることになる。
それは神の子VS神という幻想からの現れなんだと勉強会の
紙(神)ビリビリワークでよく分かった。
それを、いつもいつも思い出せたらと思う。


神の子が有罪だというレッスンから生じる確実な結果が、あなたが見ている
この世界である。それは恐怖と絶望の世界である。
ー中略ー
神の子は無罪だというレッスンから生じる結果としての世界は恐れがなく、一切が
希望に照らされ、優しい親愛の光できらめいている世界である。
ー中略ー
そしてあなたは理解するだろう。この呼びかけこそが世界であらゆる人や物が常に
発していたものだったのに、自分それをそのように知覚していなかったことを。

テキストP832より


いろいろな葛藤、許せないという気持ちは、結局パンさんの「いやだーーーーー!!」なんだよな。
全力で いやだーーーーーーー!の気持ち。
胸がスーーーッとする「いやだ」の気持ち。
すごくわかるからだろう。
源へ帰りたいという叫びだったんだよね。

「それを解決しよう」「どうしたらいいか」ではなく、聖霊に聞いてもらう。渡す。


今日は333の数字を3度見た。 レッスン333の日に333を3度w


おととい、ぼ~っと空を見ていたら、雲の切れ目からでた太陽の光が綺麗だったので
おもわず手を合わせた。太陽って手を合わせちゃうよなぁ。
と、思ったとたんに彩雲が出た。
しばらく見惚れていたが、彩雲は消えていった。
太陽が素晴らしくて手を合わせたけど... 他はどうなの?といういつもの比べる癖が
出てきた。

そう思って振り向くと、3時33分33秒だった。
あ!マスターがいる!と思った。
エンジェルカードのサポートを引いていたので、サポートされてる!と猛烈に感じた。

そして、「すべてがあるから太陽も存在する。」というのを感じた。

最近、長男が映画を録画していて「マトリックス録っといたよ!」というので
一緒に見ていたら
「あなたがいるから わたしが存在する。すべてに意味があって 役目があり 存在する」
ということが心に残った。
そして、「信じる」というキーワード。

すべてが導き。 すべてが大丈夫。 なんだな♪



[PR]
by kokoro3heian | 2018-01-03 22:04 | 奇跡のコース lesson編 | Comments(0)