ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson308~ 312

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編




< レッスン 308 >

過去も未来もなく、今ここに 私を自由にし、赦しが訪れるためのもの。

それが 時間。


< レッスン 309 >

キリスト意識は... とてつもなく 優しい。


自我はうまくやった。
戦争に参加したり、キチンとした日本人をやり、神学・神社を作り、そこで浄化をして、
自分たちは ちっとも悪くないが、反省をして生きる糧とし、たくましく生きて、うまくやって来た。

それが崩れようとしている今、 今の若い人は弱いだとか おかしい狂ってると言う。
狂った所を必死に押し隠していたものが現れているだけなのに。
みんな にしおかすみこ みたいに、叫びたいくせに。

小さい頃、私はいつも泣いていた。そして、時々発狂していた。
肉体を突っ張らせて、叫んでいた。
思えば、あれは罪悪感の現れ。 私だけ?と、いつ感じていた。
この発狂しそうな感覚を持っているのは 私だけなの?と、辛かった。
人に闇を見せると、とても嫌がった。「ほんとうのこと」を話せる人がいなかった。
少しはいたけど、みんな屈してしまう。
大きな力が。 愛が与えられるというのに...
と、感覚的な思いで動いていた。

「ほんとうのこと」 ここに触れて生きていたいと、今更ながら そう思う。
人が離れて行っても、嫌がられても、愛からの 一見厳しい言葉を発してしまっても。
それでも、もうよそゆきの私には戻らない。
そう決意した。

聖霊さん。どうか見守っていてね。



< レッスン 310~311 >

友達が家に来た。安定した就職に、ちょっと嫉妬。
友達のSNSの投稿に、ちょっと嫉妬。
なんとなく 妬み。
愛へ選択できたらいいのに。 ほんとに。 まったく。


< レッスン 312 >

テキストP705よりの気づき。
自分以外はすべて敵だと思っているので、問題が解決不可能だと思っているんだ。

「あなたが他者の中に完璧な無罪性を見るようにと、その人があなたに与えられている」

癒しで気づきが起こると、人がキラリ☆と輝く瞬間がある。
それが癒しの森 きらり☆の原点だ。
夢幻空華...というブログの名前も、そこからわいてつけたもの。
それなのに、それがうまくいかない...というトラウマがある。
どこかで、犠牲を求めていたり、何かあったのか...と、原因を探ってしまう。
それが、地獄へのコースだと知ることなんだろうな。

天国への願望と地獄への願望は同じではないと認識しない限り、誰がその
どちらか一つを選択できるだろう。この違いを学ぶことが、このコースが
設定しているゴールである。
これ以上のことを目指してはいない。その唯一の目的は、何が同一であり
何が間違っているかを教え、選択可能な唯一の選択ができる余地を
もたらすことにある。

テキストP708より

本当は、自由になりたい。本当は幸せになりたい。
なのに、それがコワイと思っている。
なにか内側に恐ろしいものがあって、それを避けようとしている。
それは、本当はないものなのに、あると思い込んでいてフタをしてきた。
それってなかったね! あはは~~
それが赦し。そこが奇跡。
深刻になると、取り逃がす。

私は「あった幻想」という過去を見ているのか?
まだ過去を見続ける必要があるか?

....... ない。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-11-15 20:31 | 奇跡のコース lesson編 | Comments(0)