ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson307

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編




< レッスン 307 >

罪は消えないと思っている。
永遠に訂正不可能だと思いこんでいる。
それは幻想の中の法則だ。天国の正義は、それを簡単に訂正してくれる。
それは分からないけれども信じたいとも思う。
このコースのプロセスは、全部罪はないということを働きかけるものなんだな!

聖霊の問題解決こそが、問題を終わらせるやり方である。
問題は正義と出会ってはじめて解決される。
そうなるまで問題は繰り返し生じる。それはまだ解決されていないからである。
「正義とは誰も敗北しないことを意味する」

テキストP698より

人は必ず環境の影響を受ける。必ず。
けれどもその環境を作ったのは自分。それを理解できないので、何かのせいにする。
あのせいで このせいで 私はこうなった。
それは事実だけど、その「要因」を作ったのは「私の心」。
それが分からずにいたので、復讐する 復讐してやる、という発想が出てくる。

指摘してしまうのは、分かって欲しいとか自分が優位に立ちたい
(私は幻想の中にはいないと思いたい)からかもしれない。
幻想の中にいるということを受け入れて、かといって幻想に巻き込まれることなく
心に意識を持ち続けられたらいいなと思った。

葛藤のない願望 ....... に引っ掛かる。そうだよね、葛藤があるから苦しい。
そこから解放されればスッキリするのに。
手離したくないというがある。これは罪はある。と思っている...
思いたいからなのだと思う。


「ああ~~~ 私のせいね! 私ったら罪つくりね!」被害者を演じ、罪を信じる自我。
「だったら どうすればいいんだよ!?」自我の言い訳。
自我は間違っていることを認めない。


さぁ それが全部愛だと気づけるかな? by 優しく微笑むキリスト



テキストに、犠牲について書いてあった。P701~
ちょうど最近、職場でボーナスをもらえる人ともらえない人がいて、不公平だと
話をしているときだった。
もらえた人に対して「もらえない人がいるから(もらったこと)黙ってて」と
口止めし、人と人の和を乱すことをしていて、嫌な気持ちになっていた。
けれどもこれは、私が作り出した世界だから、赦しをして聖霊にゆだね、神の世界を
見せてくれるようお願いしていたところだった...

お金=肉体  ? なのかな。



ここのところ、とても忙しく混乱が続いていた。
きょうは久々にどっぷり休んだ。休んでいると、いつも罪悪感を感じる。
それを感じつつ... 恐れと葛藤についてテキストを読んでいた。
読み返して、こんなこと書いてあった!?と驚けることが嬉しい。
過去のことや空想に囚われて、全然読めない事もあるから。

レッスン307には2日間かかっていて、いろんな気づきがノートに書かれていた。
葛藤する願望は、私の意志ではない。


まったくその通りだ!

[PR]
by kokoro3heian | 2017-11-01 16:47 | 奇跡のコース lesson編 | Comments(0)