ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson300~306

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編




< レッスン 300 >

勉強会に行かない罪悪感が、最近すごい。
パンさんのブログを見ることで、少し軽減。学びも早かった。
やっぱり行けばいいのに...。
この忙しい状況を、私がつくっているのだろうし。
ものすごい抵抗なのだろうし。
そのたびに聖霊にお願いして赦してもらって...。
それしかないよね...。

すべてが一瞬一瞬でできているなら、すべて可能なことばかりだ。
過去に囚われているから不可能と思いこむからだ。
しかも一瞬一瞬が重なって出来ているようにみえるけど、それももう
消えて無いものだから。
出来てすらいないのだから。
「どうして?なんで?」と感じているのは、囚われの鎖に繋がっていると
信じている時だ。
一瞬。 「今ここ」というよりは...
ほんとに一瞬 神とつながっている感覚のトキ!という感じ。


< レッスン 301 >

苦しみと罪は 喜びをもたらさない。



< レッスン 302 >

このコースのレッスン1つ1つが、毎日毎瞬 わたしに寄り添うための
ものだった。
何かのため、のものではない。
ゴールを目指すために、寄り添う言葉なので、
それを習得しなければならない、とか、こうしなければ、こうなるべき
というものではない。と感じた。


< レッスン 303 >

まったく意味が分からなくなってしまった。
不思議と不安はないけど...。



< レッスン 304~305 >

ネットで、音魂姓名判断 というのがあったので、やってみた。
最近は、こういうの まったく興味がなかったのだけど、不思議と惹かれて
読んでみた。

簡単に言うと、私は才能を他者に認められたくて ここに産まれたのではなく、
心を空っぽにして瞬間瞬間に達成感を味わうために来た。どんなことも受け入れ
楽しんでベストを尽くすことで人生を充実させる...。

そんな事が書いてあり、私はすごく動揺した。衝撃的だった。
何かを築き上げたいという執着を手放すことで、多くを手に入れるという
アドバイスに、ものすごい怒りがわいてきて、その後スーッといつもの状態に
戻ったけど... なぜかずっと違和感を感じた...

衝撃を感じたのは、わたしはそれをずっと知っていたのに、それを思い出せないほどに
なっていたことに動揺したのだと思う。
怒りがわいてきたのは、そんなわたしを受け入れてくれる人もいたけど、身近な人は
受け入れるどころか否定されて生きてきたことへの怒り。
怒りや悲しみを通り越して、その後は放心状態が続いたので違和感を感じたのだと思う。

よく考えてみると、わたしは結果を出せないことに罪悪感を感じていたのだと思う。
経験自体を楽しんでいたのに、わたしは周囲の目を気にするようになり、
それがどんどん怒りになっていった。罪悪感がものすごかったから、それに
比例して怒りも凄かった。体が硬直するほど叫んだこともある。
いま思えば、理由なんて大したことなくても小さい頃は泣いたり硬直が起きてた。

わたしはわたしのままでいいんだ、 というよりは、
そんなもの ないんだよ。 と、解放されたように感じる。


< レッスン 306 >

いろんな事が分かるトキの中にいると、時間が短い。
かなりいろんなことが浄化された~~~!と思って目を開くと、
1分くらいしかたっていなくて、驚く。
そして、気分もすがすがしい。
いろんなことが、ごまかせない状態が沢山起きてくるので、その都度
赦しを試みたり、瞑想したりしている。
とても忙しい。苦しい。...そして ⇒ 解決
を、繰り返している感じ。
なので、時々、ものすごくハートが感動した状態になり、涙がでてくる時もある。
どうしてなのか、いろいろ意味をあてはめてみるけど、どれにも該当しない。


今日は三者面談で、先生からの痛い言葉を言われた。
次男のことが心配になり、つい咎めてしまったが、聞きいれてくれない様子。
こまったな... と思っていたが、先生の言葉はまるで聖霊からの言葉のように
聞こえる、と考え直した。


先生からの注意点は、授業中 寝ているということだったので、息子に早く寝なさい
ゲームやめなさい!と咎めたのだけど...

それってわたしよね(汗)  ぐっすり寝ていて起きない。何度起こしても目覚めない。
ゲームばかり楽しんで、ゴールに向かっていない。
はいはい。それはわたしですーーーーっ 119.png

その後の先生の言葉。
「2学期からはちゃんと身を入れて集中してやろう!
この夏休みが重要だよ。
いつ学校に来てもいいんだよ!。一緒に勉強しよう。」

「いつでも先生待ってるからね!」と背中に呼びかけた。

それが神からの言葉だと、ふと気づいた。
そうそう待ってるよね。汗汗 105.png


先生の言葉は すごく愛に溢れていた。
いま思い返すと涙が出てくる。

けっきょく息子は、夏休み中、学校へ一度も行かなかったのだけど... 119.png

わたしはまったく気にならなかった。
夫は傷つけないように説教したと言ってた。息子は謝ったらしい。

わたしは、その後も心配に襲われたけど、先生の言葉を思い出して
息子に接するように心がけた。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-10-23 18:19 | 奇跡のコース lesson編 | Comments(0)