ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson 181~183

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン181 >

どうせまたダメだ。とか、いいかげんもう嫌だ。という瞬間は、
時間という概念に どっぷりと浸かっている感覚のときに感じられる。

神と共にあれば、時間は感じない。


不信は幻想に直結する
テキストP522より

肉体自体は何の力もないのだ。
心がどのような目的に使おうとするかで
肉体の健康や病気が決まる。
心が分離すること(正しくは出来ると思いこむこと。分離はありえないから)で
肉体はそ目的に用いられる。
肉体が武器となり、分離が起ったと実証する。
肉体は、そのようにして幻想の道具となっている。

肉体は、存在しないものを見ている。
肉体は、存在しないものを聞いている。
よって、狂気によって幽閉され、狂った行動をとる。

「病気と癒し」「真理と幻想」両方とも保持しようとする試みのすべてが幻想を作り出してる???

誤り・間違とは...正せば良い。<訂正>
罪とは...心が攻撃可能だという確信。信じ込んでいること。
    心が心を許すまで有罪ということになる。<処罰>
    罪は誤りではない!

罪があると信じている限り、許すという行為になってしまう。
罪があると信じている間は、幻想を支持していることになる。
神なんていない。そもそも神という言葉すらもなんだか宗教くさくて
うさんくさく感じるようになってしまう。

許しではなく、赦し。
「赦し」は訂正であり、間違いを正すこと。



< レッスン182~183 >


間違いには魅力はないが、罪悪の中に魅力が見出される。
私達は罪の虜になっている!?
...~ 罪の誘惑w

もし罪が実在するなら、神もあなたも、どちらも実在しないことになる。

怖かったり 自信がなかったり 挙動不審になるのは まったく違うものを信じているからだ。

エゴは「弱くて尻込みする自分像」を作り出す。

まったく違うもの...それが幻想なのかな...




神の幼子はやって来た。

わたしを救うために。



地獄のようなこの世界は 夢をみていただけだった♪と
簡単に抜け出し 光の差す場所へ歩いていくものだ。

それを決めるのは1つの選択にすぎない。

けれども とても重要だ。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-06-02 11:42 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson 178~180

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編

< レッスン178 >

人に何かを言われる度に、「それは違う」「そう思っていない」と拒絶することは
そこに(間違っているところに)とどまりたいという気持ちを守っている。
それで良いと思っているかもしれないが、まったく前に進まない!!

でも...だって... できない...という気持ち。
それもまた、ただやればいい。忘れたら、思い出せばいい。
できないと思っても、できるようになるかもしれないのだから。

私が選択しているのだ。拒否したりして。
神の贈り物を受け取らないのも。
真理に抵抗して、自分が作り出した世界を温存して苦しんでいるのだ。

自分が闇を選択しているとは、気づけなかった。
まさかなぁ~... 
と、抵抗に気づくということが出来たことが嬉しかった。
けれども、どんどんエゴから離れていくと、そんな嬉しささえも
エゴだったと気づいていくので、なんともいえない気もちに
なっていくのだけれど。
けれども、こうして振り返ってみると、自分が進んでいることが実感できた。



< レッスン179>

いろいろゴチャゴチャ考えるのも、防衛に過ぎない。
気が滅入ったり、やけくそになったり、無力感になるのも防衛にすぎない。

暴走族やグレた態度。それが防衛。
わたしはそんなんじゃない。と、無自覚。
「怒ってないわよ!! 133.png 」と、めっちゃキレる。そんな状態。
怒ってないって、怒ってるじゃん♪
指摘されたときに「ああ。そうだよね」と、ふたり以上で
自覚できた時に、それは消える。
怒ってない!って...めっちゃ怒ってるや~~ん 103.png

それ(エゴ)が自分ではない事に、こころのどこかで気づいているからだ。


< レッスン180 >

傷つけようとする意図を持たずに攻撃する者はいない。
このことに例外はありえない

ワークブックlesson170より

ずっしりとくる言葉。たしかに うなずける。
正当防衛でも、たしかに残酷さがある。
自分に罪がないと思いこんでいる時には受け入れられる言葉だ。
私は今まで、残酷な神を信じていたのか!

...それこそ信じられない。

その日、病弱でネガティブな母に苛立ってしまったのだが、
朝のこの気づきのおかげで、私は少し救われた。

みんな怖ろしい神を信じているのだ。
自分を守ろうと必死になっているのだ...

ここまでの復習で、さらに深まり、平安が心に広がった。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-05-18 22:21 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson 178~180

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編

< レッスン178 >

人に何かを言われる度に、「それは違う」「そう思っていない」と拒絶することは
そこに(間違っているところに)とどまりたいという気持ちを守っている。
それで良いと思っているかもしれないが、まったく前に進まない!!

でも...だって... できない...という気持ち。
それもまた、ただやればいい。忘れたら、思い出せばいい。
できないと思っても、できるようになるかもしれないのだから。

私が選択しているのだ。拒否したりして。
神の贈り物を受け取らないのも。
真理に抵抗して、自分が作り出した世界を温存して苦しんでいるのだ。

自分が闇を選択しているとは、気づけなかった。
まさかなぁ~... 
と、抵抗に気づくということが出来たことが嬉しかった。
けれども、どんどんエゴから離れていくと、そんな嬉しささえも
エゴだったと気づいていくので、なんともいえない気もちに
なっていくのだけれど。
けれども、こうして振り返ってみると、自分が進んでいることが実感できた。



< レッスン179>

いろいろゴチャゴチャ考えるのも、防衛に過ぎない。
気が滅入ったり、やけくそになったり、無力感になるのも防衛にすぎない。

暴走族やグレた態度。それが防衛。
わたしはそんなんじゃない。と、無自覚。
「怒ってないわよ!! 133.png 」と、めっちゃキレる。そんな状態。
それを指摘されたときに「ああ。そうだよね」と、ふたり以上で
自覚できた時に、それは消える。
笑える。それが自分ではない事に、こころのどこかで気づいているからだ。


< レッスン180 >

傷つけようとする意図を持たずに攻撃する者はいない。
このことに例外はありえない

ワークブックlesson170より

ずっしりとくる言葉。たしかに うなずける。
正当防衛でも、たしかに残酷さがある。
自分に罪がないと思いこんでいる時には受け入れられる言葉だ。
私は今まで、残酷な神を信じていたのか!

...それこそ信じられない。

その日、病弱でネガティブな母に苛立ってしまったのだが、
朝のこの気づきのおかげで、私は少し救われた。

みんな怖ろしい神を信じているのだ。
自分を守ろうと必死になっているのだ...

ここまでの復習で、さらに深まり、平安が心に広がった。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-05-18 22:21 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson 176~177

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン176 >

怒りや悲しみに暮れる人たち。
私が拒絶したくなり、憂鬱になる人達はみんな
「私の中の、帰りたい!と叫ぶ姿」だったのか!

受け入れがたいけど、たしかにそういう姿なのかもしれない...

その人が変化することが、私の救いである。
それが救済なのだと分かった。

目に映る人。思い出す人。嫌悪感を感じることがあるけど
それはみんな自分の姿。
アノ人が私の姿!? げ~~~っと驚くけど、外側の部品(肉体)を
はずしちゃえば、「みんなおなじもの」で出来ていると思えば
当たり前のことなんだよな~~~。



< レッスン177 >

すべての苦しみを喜びと交換できればよい...

と、本当にそう思う。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-05-16 11:54 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson167~175

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン167 >

目覚めた心 とは。
  自分の源や自己や聖性を知る一(イチ)なる心。



< レッスン168 >

神についての記憶を思い出すために
眠りから覚めるための神の手段を求める。
この世界が消えてなくなるための手段を与えてほしい。


< レッスン169 >

一体性とは簡潔に言うなら、「神 在り」という概念である。
ワークブックより


< レッスン170 >

愛に残酷さはない。

残酷な愛なんてないのだ。
一見当たり前に聞こえるけど、いつもはそんなことに意識を向けていない。
残酷なことを想ったり言ったりやったりしている。
あとから罪悪感を感じているのではなく、罪悪感があるから やっている。


< レッスン171 >

復習Ⅴ

復習が始まった。
このページの祈りを、復讐の前に必ず読むようにした。
振り返って、この概念を拾って読んだりもした。
この復習が終わった時には、「理解した」「分かった」という
感覚が残り、安心感も多くなった。


誰も自分自身の承諾なしに死ぬこともない。
あなたの身に起ることで、あなたの願望を表していないものは
一つもなく、あなたが選んだもので、そこから省かれるものも
一つもない。

↑救済が存在するのはここだけ。

実在する という贈り物をもらっている。  損失はありえない。


< レッスン172~175 >

実相世界は、天国の無垢性を描きだす。
救済を待つ この新しい家。

「やっぱりだめだった。」ではなく 「やっぱり大丈夫だった」の方が
信頼が強くなると思う。



[PR]
# by kokoro3heian | 2017-05-13 17:33 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)