ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson233~235

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編





悪や、悪と思えることがあることを責めたり、反抗したりすることが
解決方法ではない。
なぜ 自分がそんなことを引き寄せているのかを知ることが大切だ。

もしも、「私は幸福を引き寄せている。富んでいる」と思っている場合は、
分離を信じている人達だ。
いま感じている 不幸な出来事は、すべての人が感じていることだから、
そこから切り離されていることはありえないのだから。

いま豊かさを感じていても、それで満足していてはいけない。

豊かさを感じ始めたことに感謝をし、胸の奥にある満たされた平安を信じて、
「いまを生きる」ことだ。



< レッスン233 >

今日のレッスンの言葉に対して、「疑い」という恐怖を感じる。

世界の始まりの言葉。思い。それが、「もし」という恐怖から始まったのだな?


忍耐力は、スピリチュアルな人生を送るには必要不可欠。
その忍耐力は、「自分を信じてあげること。」ができること。
その自分とは、「本来の自分」であって、神の子であることを知ること。


シャーリーマクレーンの本が、終わりそうで終わらない。

文中より感じたこと......

ディスは、”あるものから切り離す”という意味だそうだ。
ディスとは、「死」? 死は分離を信じる者がつくりだすコトだ。
わたしは分離を信じる者だ。だからこの世界に生きている。
神の優しさや、神の愛を誤解するのも 無理はないなぁ...

つながっている時...という言い方をしてきたけれど これも間違いだ。
つながっていることを思い出しているとき(最初からつながっているのだから)
に、気づきが多い気がする。


そして。
本を読み終わった。

幻想は天国の中にある...?
私たちが幻想にいるとしたら...

 幻想がないのなら 私たちはどこにいる?   投影された中にいる。

ないのに... ある?

消されたのに... なぜまだ投影された中にいる?

しばらく本の余韻に浸る...



< レッスン234~235 >

そんな矢先に 父が入院した。 予期せぬ非常事態。

私が為すべきことは、ただ自分を傷つけるように思える物事を眺め、
全き確信をもって、「私がこのことから救われることが、神の意志である」と言い、
自分を安心させ、それらが消えてゆくのをじっと見ていることだけである。
幸福だけが私に訪れているとわかるためには、私に対する父の意志は幸福だけだと
覚えておくだけでよい。
レッスン235より


バタバタと入院手続きを済ませたあと、帰りに見た 夜桜が 妙に綺麗だった。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-08-01 21:40 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

もくてき

このブログの目的は、「 わたしは ひとり 」ということを知るためのもの。 思い出すもの。
[PR]
# by kokoro3heian | 2017-08-01 07:35 | つぶやき | Comments(0)

気づきのこころ lesson229~232

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編





< レッスン229~231 >

シャーリーマクレーンの{アウト・オン・ア・リム」を読みなおしていたが、
終わりに近づいた。
前回読んだときよりも深く読みこんだ感じ。
中学校からのメールに「ALTのディビットがたくさん来てくれるようになった」
と書かれていて、本の中のディビットとシンクロして、笑えた。
私にもディビットのような存在がいてほしい...ような居て欲しくないような...



< レッスン232 >

神の子は、どこか他の高い所 天にいるわけでなく、今ここに  いる。
どこか自分とは違う 天国にいるような感覚だったけど、そうではなく
ここにいるから、出会う人はみんな神の子であり、自分も神の子であるから
自分を癒すことが必要なのだな。
これがコースで教えようとしていることなんだな。




テキストP598よりの気づき

ひとりひとり肉体を持って、心も分離しているように見える
e0373453_22465843.jpg

けれども、肉体は心を分離することは出来ない。
e0373453_22470869.jpg
神は何でも願いを叶えてくれる。願いを叶えるためには、「私が良くないと思うもの」も、
何でも使う。
私が願いを叶えようとすること、とか、何でも使って神がするんだというこの考え方は、
幻想に真理を持ちこもうとする考え方だ。なので狂ってる(笑)
狂気のままでは奇跡は起きない。
私にできることは、願いを叶えることではなくて、この幻想を真理に差しだし、入れ替える
ことだ。 つまり機能(はたらき)をして救済すること。

まだまだ混乱している状態だけど、少し理解できたような気がして嬉しかった。


[PR]
# by kokoro3heian | 2017-07-30 22:59 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson226~228

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



どこかにいるわけではない。

神の国があそこにあり、神はそこに住んでおり、私はまだこちらにいて...
いずれそこに帰る。

と、どこかで思っていたが、違った。

すべてはここにある。

幻想も私がここに作り出し、神の国 天国も いまここにあり、

わたしはすでに帰ろうとしているところに居て在り、

ひとつも動かず、どこにも行かず(行くところもなく)

ずーーーーーーーーーーーーーーーっと ここに居る。


いろんな気づきがあり、聖霊と共に分かち合う感覚はある。
けれど、兄弟と分かち合うことで、それを受け入れることで
気づきが広がる。
それも「赦し」なのだなぁと思う。
ひとりでは救われないとテキスト書いてあったっけなぁ~...

< レッスン226~227 >

苦しみを探すのはエゴの癖だから気づきにくいけど、
生きることがずいぶん楽になった。
以前は、「私が!!」が強すぎて からまわりすることが多かった。



< レッスン228 >

真実を受け入れ続けることが できるだろうか?
この世界が虚偽だとして、間違いだったと訂正できるだろうか?
それを分かったと胸の奥で理解しても、それをもち続けることができるだろうか?
その前に、大きな闇が待ち受けて、そこを越えなければいけないと
知っていても、そこを乗り越える気力があるだろうか?
出産みたいなものだろうか? 案ずるより産むが安し...?

闇はこりごりだと思ってきたが、闇よりもはるかに自分が力を持っていると
確信することが この幻想の中でも続けることができるのか?
私はまだ奇跡を体験していないから信じられないのだろうか。
信じていないから奇跡を体験できないのだろうか?

きょうは咎めないというレッスンだった。
白光の日めくりカレンダーにも同じことが書かれていた。

「自分をせめ 人をせめることを 止めよ
       せめることから自分を解き放つと
          生命の光が流れ入ってくる」

これが精霊からの 答えだったように思う。
[PR]
# by kokoro3heian | 2017-07-24 23:03 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson221~225

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



< レッスン221~222 >

新しい。 第二部が始まった。

カラーセラピーのセッションで、「まったく新しい自分になった。生まれ変わった。」という
シンクロが起きた。
その後、帰宅したら、夫に「あれ? 本当にkokoroだよな?」と言われる。
本当に本人だよな?という顔で。
中身が変わったんじゃない?と笑っておいたが、新しいレッスンに切り替わったことも
あり、生まれ変わったのかな~?とちょっと嬉しかったけど。
これもまた夢。 夜みる夢と同じ感じだ。



< レッスン223 >

『私』が帰る。わたしは神のもとへ帰らねばばらない。
その道だけを目指す。

だから今どうすればいいの?何をすればいいの?という気持ちになるたびに
きまって守護霊のような声が「なにもしなくていい」と聞こえる。
そのことが、より深まってきたというか、なにもしなくていいというニュアンスが
腑に落ちてきたように思う。



< レッスン224~225 >

人に対して、都合が悪くなって言う「言い訳・謝罪・遠慮(身をただ引くのとは違うもの)」
それすらも防御であり、内側で起こる攻撃だ。 それが外側に投影され、起こっている(ように
見える)だけだ。
ものごとに対する感情によって起こる言い訳はいらない。ただ「はい」と聖霊のように認める。
     ↓
これが赦したくないという想い。



[PR]
# by kokoro3heian | 2017-07-17 18:57 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)