ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

カテゴリ:奇跡のコース 実践編( 40 )

気づきのこころ lesson 178~180

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編

< レッスン178 >

人に何かを言われる度に、「それは違う」「そう思っていない」と拒絶することは
そこに(間違っているところに)とどまりたいという気持ちを守っている。
それで良いと思っているかもしれないが、まったく前に進まない!!

でも...だって... できない...という気持ち。
それもまた、ただやればいい。忘れたら、思い出せばいい。
できないと思っても、できるようになるかもしれないのだから。

私が選択しているのだ。拒否したりして。
神の贈り物を受け取らないのも。
真理に抵抗して、自分が作り出した世界を温存して苦しんでいるのだ。

自分が闇を選択しているとは、気づけなかった。
まさかなぁ~... 
と、抵抗に気づくということが出来たことが嬉しかった。
けれども、どんどんエゴから離れていくと、そんな嬉しささえも
エゴだったと気づいていくので、なんともいえない気もちに
なっていくのだけれど。
けれども、こうして振り返ってみると、自分が進んでいることが実感できた。



< レッスン179>

いろいろゴチャゴチャ考えるのも、防衛に過ぎない。
気が滅入ったり、やけくそになったり、無力感になるのも防衛にすぎない。

暴走族やグレた態度。それが防衛。
わたしはそんなんじゃない。と、無自覚。
「怒ってないわよ!! 133.png 」と、めっちゃキレる。そんな状態。
怒ってないって、怒ってるじゃん♪
指摘されたときに「ああ。そうだよね」と、ふたり以上で
自覚できた時に、それは消える。
怒ってない!って...めっちゃ怒ってるや~~ん 103.png

それ(エゴ)が自分ではない事に、こころのどこかで気づいているからだ。


< レッスン180 >

傷つけようとする意図を持たずに攻撃する者はいない。
このことに例外はありえない

ワークブックlesson170より

ずっしりとくる言葉。たしかに うなずける。
正当防衛でも、たしかに残酷さがある。
自分に罪がないと思いこんでいる時には受け入れられる言葉だ。
私は今まで、残酷な神を信じていたのか!

...それこそ信じられない。

その日、病弱でネガティブな母に苛立ってしまったのだが、
朝のこの気づきのおかげで、私は少し救われた。

みんな怖ろしい神を信じているのだ。
自分を守ろうと必死になっているのだ...

ここまでの復習で、さらに深まり、平安が心に広がった。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-18 22:21 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson 178~180

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編

< レッスン178 >

人に何かを言われる度に、「それは違う」「そう思っていない」と拒絶することは
そこに(間違っているところに)とどまりたいという気持ちを守っている。
それで良いと思っているかもしれないが、まったく前に進まない!!

でも...だって... できない...という気持ち。
それもまた、ただやればいい。忘れたら、思い出せばいい。
できないと思っても、できるようになるかもしれないのだから。

私が選択しているのだ。拒否したりして。
神の贈り物を受け取らないのも。
真理に抵抗して、自分が作り出した世界を温存して苦しんでいるのだ。

自分が闇を選択しているとは、気づけなかった。
まさかなぁ~... 
と、抵抗に気づくということが出来たことが嬉しかった。
けれども、どんどんエゴから離れていくと、そんな嬉しささえも
エゴだったと気づいていくので、なんともいえない気もちに
なっていくのだけれど。
けれども、こうして振り返ってみると、自分が進んでいることが実感できた。



< レッスン179>

いろいろゴチャゴチャ考えるのも、防衛に過ぎない。
気が滅入ったり、やけくそになったり、無力感になるのも防衛にすぎない。

暴走族やグレた態度。それが防衛。
わたしはそんなんじゃない。と、無自覚。
「怒ってないわよ!! 133.png 」と、めっちゃキレる。そんな状態。
それを指摘されたときに「ああ。そうだよね」と、ふたり以上で
自覚できた時に、それは消える。
笑える。それが自分ではない事に、こころのどこかで気づいているからだ。


< レッスン180 >

傷つけようとする意図を持たずに攻撃する者はいない。
このことに例外はありえない

ワークブックlesson170より

ずっしりとくる言葉。たしかに うなずける。
正当防衛でも、たしかに残酷さがある。
自分に罪がないと思いこんでいる時には受け入れられる言葉だ。
私は今まで、残酷な神を信じていたのか!

...それこそ信じられない。

その日、病弱でネガティブな母に苛立ってしまったのだが、
朝のこの気づきのおかげで、私は少し救われた。

みんな怖ろしい神を信じているのだ。
自分を守ろうと必死になっているのだ...

ここまでの復習で、さらに深まり、平安が心に広がった。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-18 22:21 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson 176~177

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン176 >

怒りや悲しみに暮れる人たち。
私が拒絶したくなり、憂鬱になる人達はみんな
「私の中の、帰りたい!と叫ぶ姿」だったのか!

受け入れがたいけど、たしかにそういう姿なのかもしれない...

その人が変化することが、私の救いである。
それが救済なのだと分かった。

目に映る人。思い出す人。嫌悪感を感じることがあるけど
それはみんな自分の姿。
アノ人が私の姿!? げ~~~っと驚くけど、外側の部品(肉体)を
はずしちゃえば、「みんなおなじもの」で出来ていると思えば
当たり前のことなんだよな~~~。



< レッスン177 >

すべての苦しみを喜びと交換できればよい...

と、本当にそう思う。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-16 11:54 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson167~175

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン167 >

目覚めた心 とは。
  自分の源や自己や聖性を知る一(イチ)なる心。



< レッスン168 >

神についての記憶を思い出すために
眠りから覚めるための神の手段を求める。
この世界が消えてなくなるための手段を与えてほしい。


< レッスン169 >

一体性とは簡潔に言うなら、「神 在り」という概念である。
ワークブックより


< レッスン170 >

愛に残酷さはない。

残酷な愛なんてないのだ。
一見当たり前に聞こえるけど、いつもはそんなことに意識を向けていない。
残酷なことを想ったり言ったりやったりしている。
あとから罪悪感を感じているのではなく、罪悪感があるから やっている。


< レッスン171 >

復習Ⅴ

復習が始まった。
このページの祈りを、復讐の前に必ず読むようにした。
振り返って、この概念を拾って読んだりもした。
この復習が終わった時には、「理解した」「分かった」という
感覚が残り、安心感も多くなった。


誰も自分自身の承諾なしに死ぬこともない。
あなたの身に起ることで、あなたの願望を表していないものは
一つもなく、あなたが選んだもので、そこから省かれるものも
一つもない。

↑救済が存在するのはここだけ。

実在する という贈り物をもらっている。  損失はありえない。


< レッスン172~175 >

実相世界は、天国の無垢性を描きだす。
救済を待つ この新しい家。

「やっぱりだめだった。」ではなく 「やっぱり大丈夫だった」の方が
信頼が強くなると思う。



[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-13 17:33 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson164~166

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン164 >

目にはみえないけれど  ある。

崩れてしまったものや、うまくいかなかったこと。落ち込んだりしたけど
それはすべて幻だった。エゴによってつくりあげられたものだった。

目には見えないけれど、心の目には確かに見える。
真実へと歩んだ確かな道。それは確実に神へと届き、私は到達し、受け入れられる。

いまも失われていない古くからの平安がある。
あなたの中には、罪の想念が一度も触れた事のない聖性の感覚がある。

ワークブックより

< レッスン165 >

その日、不思議なことがあった。

仕事帰りに、車に違和感を感じた。
そんなわけないのに、車体の下に生首が絡まっているような気がしたのだ(笑)
テレビで観たホラーな映像が頭にこびりついていたのだと思うけど。
その状態で、しばらく走っていたけど、我慢できなくなって車を停めた。
神妙な顔で車を覗きこむ。

なにもなかった。(あたりまえ!)

そしたら、スーーッと対向車の一台が停まり、外国人が出てきた。

「ダイジョーブデスカ?」

意外な展開に驚き、返答に困る。「大丈夫です」
きっと大丈夫な顔に見えなかったのだろう。
かなり神妙な顔だったんだ。 だって生首があるかも!っていう顔だもんね!(爆笑)

大丈夫と言ってるのに降りてこようとした。

生首の怖ろしさのままだったので、その外国人も怖くて
「ダイジョウブデス! ダイジョーブ!!!」と、変な日本語でジェスチャーをつけて
断った。

今思えば失礼よね。 せっかく心配してくれたのに。

ちょっと考えてたけど、納得したのか、外国人は降りずに去って行った。

なになに? なにこの絶妙なタイミング!

けれども、この不思議な体験は3度目だ。
車で吹雪のなか、わたしは2度同じような体験をしている。
2度とも雪に車を突っ込んで、2度とも動けなくなった。
あら?動かない。どうしたものか・・・と、車の外に出ると、すぐに人が
駈けつけてくる。
1度目は、前を走っていた運送屋のお兄ちゃんが車を押してくれた。
腰まで雪に埋まりながら。後ろを走っていた車からは、白衣を着た二人の人が
駈けつけてきたが、お兄ちゃんの力で車が動いたので吹雪の中戻って行った。
前を走っていたのに、戻ってくるとは!?
みんなが天使に見えた。
2度目は、コンビニだったのだが、中から沢山の人が出てきたので
度肝を抜かれた。そして、たまたま設備会社の人がいて、けん引してくれた。

どちらも天使のように笑って去って行く。
ものの数秒の出来事。
手際の良さに突っ立っている私。
「あ・・・あのお名前は・・・お礼を・・・ あの・・・」
と、言っている間に、蜘蛛の子を散らすように笑顔で去っていく人たち。

みんな神だね!



< レッスン166 >

あなたにはすべてが与えられている。
神があなたに寄せている信頼は無限である。

ワークブックより



[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-08 18:58 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson161~163

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン161~162 >

悲しみ・落胆・闇・苦しみ・漠然とした恐怖・不安・怖ろしい空想    

↑これら全部が、真理を拒否したことによる重圧感の現れ。(この重圧感が神の子の十字架刑)

悲しいのは~~~のせいだ!と、なにかのせいにする出来事全部。それが真実だったことは一度もない!

救済が機能(はたらき)であるとすれば、神の子を十字架刑にした
私が神の子を救済するということだろうか?

今までは、「死」を救済だと勘違いしていたから、こういう質問がでるのかなぁ?


< レッスン163 >

キリスト教は、磔にされた 死んだ神を崇拝している!?

そういえば、磔にされたイエスの像をみんな持ち歩いて「アーメン」と言っている。
それに違和感を感じたことは、いままで一度もなかったのだけど
コースの文章を読んでいるうちに、みんな「死」を救済だと思いこんでいたんだ!と
気づき、「私たちは罪深い」というのが当たり前になり、磔にされた像にすがり、
いつも自虐的な感情で過ごしているんだ... 
たとえキリスト教ではなくても、いつもそんな感覚で過ごしていたんだ...

と、けっこう衝撃的だった。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-06 22:14 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson150~159

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン150 >

真理を幻想へと持っていくことは間違い。
幻想を真理へ持っていく
ということは...

その心が救済であり、そのことを贖罪というのかなぁ... (疑問)


< レッスン151 >

次の日のワークブックに、答えらしきものが書いてあった。

救済とは、「真理は真実であり、それ以外に真実なるものはない」という認識である。

この幻想の世界は、神が意志しなかったものを自分が知覚できると、
あなたが信じているだけのことである。
これ以上に傲慢なことがあるだろうか。


失敗した~~~143.png と、くやむ気持ちは傲慢だ。
人に言われて悔しい気持ちも同じ。
人の外見に惑わされている。



< レッスン152~156>

ひとつ の いのち   と    聖性


< レッスン157~159>

テキストよりP482   ゴールの設定

私はここから何を望んでいるのか。それは何のためのものか。



[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-01 22:41 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson136~149

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン136~147>

テキストよりP374
無罪性を選ぶ決断
聖霊に向かって、ただ「私に代って決断してほしい」と言いなさい。
そうすれば、それは為されている。



< レッスン148~149>

すべての選択の背後にある真実は、私が選んでいる。
真理には一つの欠けたところはなく、矛盾に見えるものは私がもちこんでいる。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-04-16 14:35 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson127~135

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン127~134 >

テキストよりP363
聖霊は、これまでにあなたが学んできた
「真実ではないものを真理と和解させなければならない」
と教える学びのすべてを
あなたのために取り消してくれる。


自我の和解の方法だから

自我の方法では、うまくいかない。
精霊は勘違いを訂正してくれる。
という視点を与えてくれたことに、希望を感じる。


テキストよりP368

精霊からの言葉

真理が真実である。
それ以外の何も問題ではなく、それ以外の何も実在せず、それをおいて他に
存在するものは何もない。私はあなたのために一つの区別をしよう。
それはあなたにはできないが、あなたが学ぶ必要のある区別である。
あなたが無に対して抱いている信が、あなたを欺いている。
私に信を差しだしなさい。
そうすれば、それが置かれるべき聖なる場所に、私がそれをそっと
置いてあげよう。
あなたはそこに欺瞞を見出さず、単純な真理だけを見出すだろう。
そして、あなたはそれを理解するので、それを愛するだろう。

お任せしようと思う時、恐れがある。
信を捧げるのには、抵抗を感じる。
それを和らげてくれるのが、視点を変えることと
心が何かを思い出す感覚だろうと思う。


< レッスン135 >

何かを計画しようとするかわりに 受け取る。

整えようとするかわりに 与えることができるようにする。

そんなことをつぶやいていた。
防衛・攻撃・病気... すべてが投影なのだと学んでいる時期だったように思う。
視点が変わるので気づきも多いが、それが今になって全く忘れていることに
ショックを感じる135.png

あれ?うそ! そうだったけ?ってなる。

何度でも。 何度でも。 そこを選ぶことを意識すること。 なんだろなぁ。

何度でも 何度でも 聖霊は優しく導いてくれているのだから。





[PR]
by kokoro3heian | 2017-04-10 21:14 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson122~126

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン122~125 >

テキストよりP329
要点を自分なりにまとめて書いている。

十字架刑は、自我の象徴である。
神の子の真の無罪性に直面したとき、無罪性は神にとって
冒涜的だというものだった。
このコースとの関連において経験するかもしれない恐れは
これに由来する。

本の内容で気になるのは、「自我だったらこんな風だ」と皮肉って
書かれている点だ。
まだまだ自我に気づかないことが多いので、ときどき混乱してしまう。
ただ文字を追うだけで、全然入ってこない時があるし、???146.pngとなることもある。

自分なりに要点をまとめて書いても、次の日には「訂正」が起ったりする。
(テキストに書いてあったり、偶然目にしたことで気づきがあったりして間違って解釈していることが分かる)

そんな時、「知ってる」という感覚が続くこともあれば、混乱して全く分からなくなる
時期もある。そうなると、コース自体を信じることが怪しくなる。

けれども、真実はたったひとつ!(コナンみたいだけど119.png


< レッスン126 >
新年を迎える。
続けて行こうとも思わないし、やめようとも思わない。
ただ、日々、自然に本に向かっている感じ。
帰省した実家にも持っていった。
我ながら、熱心だったなぁ...と思う。




[PR]
by kokoro3heian | 2017-04-09 19:02 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)