ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson226~228

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



どこかにいるわけではない。

神の国があそこにあり、神はそこに住んでおり、私はまだこちらにいて...
いずれそこに帰る。

と、どこかで思っていたが、違った。

すべてはここにある。

幻想も私がここに作り出し、神の国 天国も いまここにあり、

わたしはすでに帰ろうとしているところに居て在り、

ひとつも動かず、どこにも行かず(行くところもなく)

ずーーーーーーーーーーーーーーーっと ここに居る。


いろんな気づきがあり、聖霊と共に分かち合う感覚はある。
けれど、兄弟と分かち合うことで、それを受け入れることで
気づきが広がる。
それも「赦し」なのだなぁと思う。
ひとりでは救われないとテキスト書いてあったっけなぁ~...

< レッスン226~227 >

苦しみを探すのはエゴの癖だから気づきにくいけど、
生きることがずいぶん楽になった。
以前は、「私が!!」が強すぎて からまわりすることが多かった。



< レッスン228 >

真実を受け入れ続けることが できるだろうか?
この世界が虚偽だとして、間違いだったと訂正できるだろうか?
それを分かったと胸の奥で理解しても、それをもち続けることができるだろうか?
その前に、大きな闇が待ち受けて、そこを越えなければいけないと
知っていても、そこを乗り越える気力があるだろうか?
出産みたいなものだろうか? 案ずるより産むが安し...?

闇はこりごりだと思ってきたが、闇よりもはるかに自分が力を持っていると
確信することが この幻想の中でも続けることができるのか?
私はまだ奇跡を体験していないから信じられないのだろうか。
信じていないから奇跡を体験できないのだろうか?

きょうは咎めないというレッスンだった。
白光の日めくりカレンダーにも同じことが書かれていた。

「自分をせめ 人をせめることを 止めよ
       せめることから自分を解き放つと
          生命の光が流れ入ってくる」

これが精霊からの 答えだったように思う。
[PR]
by kokoro3heian | 2017-07-24 23:03 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)