ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson213~220

せっかく書いたのに全部消えた145.png
気を取り直して、もう一度書きなおそう...

パソコンも古くなったなぁ...(泣き)



奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編




< レッスン213 >

そう...私が思いつくことはすべて、自分を傷つけることばかり。
気づいてゆだねる。
抵抗は感じるが、手放したあとは自由を感じる。

どうしてこんな重いものをもっていたのだろう?と、記憶喪失みたいになる。
(ある日、重いものを両手に持って立っていた... あれ? みないな感じ)

精霊からすれば、私達は重度の認知症だろうな。
まったく世話のやける人だ...と感じる。
聖霊にはそんなこと感じないだろうけど。
(最近認知症のニュースばかり目に入ってきたため)

認知症の人は不安でいっぱいだろうと思う。
自分には分からない。という気持ちでいるのだから。



< レッスン214~217 >

わたしが悪いわけではない。という罪悪感から解放されるたびに救済が行われたの
だなと感じる。聖霊に感謝があふれる。 ハートが満たされる。

肉体について、テキストを読んだ。
え!?とビックリする反面、なるほどな やっぱりな!と小さい頃からの
疑問が解けていく感じ。




< レッスン218 >
e0373453_23112534.jpg

愛はもともとあるもの。
愛をそのままつくり、延長するか
幻想をつくって地獄にとどまり続けるか。
ただそれだけ。


















< レッスン219~220 >

私が見ているものについての責任は、私自身にある。
私が経験する感情を選択するのは私自身であり、私が達成したいゴールを
決めるのも私自身である。
そして私の身に起こるかに見えるすべては、私が求めて、求めた通りに受け取る
ものである。

テキストP584より

「なにから手をつけていいのか わからない」
「なにを理解しているのか わからない」
と、ブログに書いたばかりだったのに。
えーーーーーーーーーーーーーーー!?
ああ そうだったね。何度も何度も そう繰り返していたはずだったのに。
何もわかってない。というふりをしていた?
そういう選択をしたというだけなのか...
何度も間違えて...でも選択し直すだけなんだよな。
罪はない。 ただ間違えただけ。

~間違いに気がつく~
何度も間違えているというよりは、
いつも常に間違えていて、意識して選択し直す... 聖霊の言葉を待つ... 
と言った方がいいのかもしれない。
選択し直す屈辱を感じることもあるけど、それは単なる間違いであって
その間違いが常にあったのだから、まったく特別なことはないから
改めて恥ずかしがることもない。
ゆだねることは、素晴らしいことで
頼りない、とか、できない奴、とか、迷惑、とか感じる必要はないということ。
聖霊にゆだねることで、認知症の人にもそんな感覚で接することができるだと思う。
それは優しさであり、恩寵を感じる瞬間。ハートが満たされ癒される瞬間でもある。





消える前の投稿は、ちょっと手直しして分かりやすく書こうとしていたことに
気がついた。
けっきょく手直しすることなく ありのままを書いた。
誰かに読んでもらおうとするのではなく、自分のために書いているのだから
ありのままを書かないと、この行為に意味がなくなってしまう。
と、消えたことで気がついた。

[PR]
by kokoro3heian | 2017-07-04 23:07 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)