ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson 199~205

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン199~200 >

私は肉体ではない。私は自由である。
ワークブックより

肉体にとらわれない。(囚われの身)という意味合いに思える。

私は自由... 私は平安...



< レッスン201>

復習が始まる。

なんとなくザワザワ、落ちつかない気持ち。きのうの春分の日で
いろんな人がワークをやっているという情報を見て、少し羨むような
気持ちと落ち込みがあったが、それも聖霊に渡す。

憎しみや兄弟の肉体に囚われてムカムカした。

夜中もムカムカ... 食べ過ぎ?



< レッスン202 >

ワークブックを読むたびに嫌な気持ちになる。
肉体に対する嫌な思い出が多過ぎて吐きそう...
すごく攻撃してきたのだろう...



やっとマニュアルの序文を読む。
教えることと学ぶことの役割は、この世界の思考では実際には逆になっている。
 この逆転は特徴的なものである~

マニュアルP40より

教えることが苦手だと感じたのはいつ頃からだろう...
その重圧と責任に苦しくなってしまう...
スラスラ教え、生徒の注目を上手に集める人達をとても羨ましく思っていた。
教える人は、つねに勉強不足を指摘されるからだ。

私が教える人を攻撃しているのかもしれない。
看護士と教師だけには絶対なりたくないと、子どもの頃から思っていたから。

けれども、教えるとは、逆なのだと書かれていて、私は本当はやりたかったの
だなぁ...と思った。



< レッスン203>

携帯ショップの対応から、いろんな負の感情が吹き出て、カオス。
「ああ...うじゃり豆...」と本当に実感!!!

神の使者を、ときどき仕事帰りに聞く。


携帯で動画を見ると、パケットがかかる。データ量をオーバーしそうになるので
制限がかかってしまう120.png
たくさん聞きたいのだけど...お金にゆとりがない生活が続く。
何かがブレーキになっているのだけど、それがよく分からない。
「これでいいのだ」という気持ちがとても強い。


< レッスン204 >

「キリスト」という名は、人物の名前ではなく、平安の象徴の名前。
だから、キリストとは神と私の名である。


< レッスン205 >

講演会へ行く。人に伝えたいことは何もない、と思った。それすら幻想。

この日は、久しぶりに講演会にでかけた。
たぶん食の関係だったと思う。
最近は、出掛けたくもないし、外食しても食べたいものもないし楽しくない。
できるだけ人にも会いたくないし、ひとりでゲームしたくなる。
ゲームもやりたいわけでもなく、コース以外は、瞑想かゲームしか
やることがない感じ。
あとは日々の仕事を処理し、全力で目の前にあることと向き合うだけ。

ただ  それだけ。

なにより 「氣づき」の多い日が 嬉しい。



[PR]
by kokoro3heian | 2017-06-10 10:29 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)