ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson 191~198

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン191~192 >

罪悪感があるから「死」を選ぶのでは?
罪がなければ、そこから逃げる必要はないし。

注目されるのが怖かったのは...
①罰する神がいるという信念
 これを信じないと(狂っているとは分かりつつも)生きていけないと感じた。

②その怖ろしい神を信じる人達が攻撃してくると思ったから。
 それは心が2つに分裂していると信じたからだ。

自分はひとつではない、と思えることが間違いだった...

自分を深くみつめることができた日々だった。



< レッスン193 >

~神からのレッスン~
赦しなさい。そうすれば、あなたはこれを違った見方でみるだろう。




< レッスン194~195 >

テキストP555より 今日から聖週間。今日は棕櫚の主日。
 

< レッスン196 >

2つに分裂した心がある。よそゆきの私と本当の私。
いちいち確認していた。これで正しいかどうか、など。
それは罪の神を信じている私がいる。
それが必要だと思っていたから。
この世界で生きていくには、それが必要だと思っていたから。

この日はコースの勉強会があった。
帰ってからマニュアルを読もう...と思ったけど眠すぎた...
すごく充実した。心地よい疲れ。


< レッスン197~198 >


~ 知覚を支配している法則 ~
咎めるなら、あなたは幽閉される。
赦すなら、あなたは解放される。

あらゆる形の苦しみは、必ず赦そうとしない想念を隠している
ということを忘れてはいけない。
そしてまた、赦しが 癒せないどんな形の苦痛もない
ということも忘れてはいけない。

ワークブックより

この日から、少しずつマニュアルも読み始める。



[PR]
by kokoro3heian | 2017-06-04 19:02 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)