ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson164~166

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編


< レッスン164 >

目にはみえないけれど  ある。

崩れてしまったものや、うまくいかなかったこと。落ち込んだりしたけど
それはすべて幻だった。エゴによってつくりあげられたものだった。

目には見えないけれど、心の目には確かに見える。
真実へと歩んだ確かな道。それは確実に神へと届き、私は到達し、受け入れられる。

いまも失われていない古くからの平安がある。
あなたの中には、罪の想念が一度も触れた事のない聖性の感覚がある。

ワークブックより

< レッスン165 >

その日、不思議なことがあった。

仕事帰りに、車に違和感を感じた。
そんなわけないのに、車体の下に生首が絡まっているような気がしたのだ(笑)
テレビで観たホラーな映像が頭にこびりついていたのだと思うけど。
その状態で、しばらく走っていたけど、我慢できなくなって車を停めた。
神妙な顔で車を覗きこむ。

なにもなかった。(あたりまえ!)

そしたら、スーーッと対向車の一台が停まり、外国人が出てきた。

「ダイジョーブデスカ?」

意外な展開に驚き、返答に困る。「大丈夫です」
きっと大丈夫な顔に見えなかったのだろう。
かなり神妙な顔だったんだ。 だって生首があるかも!っていう顔だもんね!(爆笑)

大丈夫と言ってるのに降りてこようとした。

生首の怖ろしさのままだったので、その外国人も怖くて
「ダイジョウブデス! ダイジョーブ!!!」と、変な日本語でジェスチャーをつけて
断った。

今思えば失礼よね。 せっかく心配してくれたのに。

ちょっと考えてたけど、納得したのか、外国人は降りずに去って行った。

なになに? なにこの絶妙なタイミング!

けれども、この不思議な体験は3度目だ。
車で吹雪のなか、わたしは2度同じような体験をしている。
2度とも雪に車を突っ込んで、2度とも動けなくなった。
あら?動かない。どうしたものか・・・と、車の外に出ると、すぐに人が
駈けつけてくる。
1度目は、前を走っていた運送屋のお兄ちゃんが車を押してくれた。
腰まで雪に埋まりながら。後ろを走っていた車からは、白衣を着た二人の人が
駈けつけてきたが、お兄ちゃんの力で車が動いたので吹雪の中戻って行った。
前を走っていたのに、戻ってくるとは!?
みんなが天使に見えた。
2度目は、コンビニだったのだが、中から沢山の人が出てきたので
度肝を抜かれた。そして、たまたま設備会社の人がいて、けん引してくれた。

どちらも天使のように笑って去って行く。
ものの数秒の出来事。
手際の良さに突っ立っている私。
「あ・・・あのお名前は・・・お礼を・・・ あの・・・」
と、言っている間に、蜘蛛の子を散らすように笑顔で去っていく人たち。

みんな神だね!



< レッスン166 >

あなたにはすべてが与えられている。
神があなたに寄せている信頼は無限である。

ワークブックより



[PR]
by kokoro3heian | 2017-05-08 18:58 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)