ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

気づきのこころ lesson82

いまでも携帯ゲームはやめられない。何もしていないとき、ゾワゾワ感がはんぱないからだ。

そして、自然を見ることも、やめられない。

自然の中には、かろうじて「愛」のカケラが見てとれる。

奇跡のコースのワークをしているときは、とても落ちつく。
聖霊に話を聴いてもらうと、本当にスッキリするからだ。

だったら、ワークやればいいじゃん、って思うんだけど^^;

なんやかんやと抵抗してしまい、思考に囚われているのさえ
気づかないときもある。

それでも、朝晩ワークブックを開く習慣だけは続くようになった。

その時間をつくるために、なぜか、夫も協力してくれるようになった。

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編

< レッスン82 >

怒り・苛立ちが投影された2日間だった...
それでも心に平安を♡  ちょっと疲れたけど...

嫌な感情を感じるときはいつも、投影なんだと気づけたらいいのだけど。
と、思う。 そしたら、そこに巻き込まれずに済むのに。

ちょうどそのときテキストを読んだら、心の法則について書かれていた。

テキストP187

怒りは投影し、愛は延長だと書いてあった。
延長ってなんだ?カラオケの時間の延長か?と疑問だったが
それこそ、実在するもの。なんだな。

この心の法則をどのように適応するかで、豊かさを生み出すか
欠乏を生み出すかが決まる。

怒りを選ぶか。 愛を選ぶか。

ここだけだと、いわゆる「引き寄せの法則」だとか「スピリチュアルな豊かさ」に
通づるものがあるし、まったくその通りだと思える。

コースには聖霊と共に。というフレーズが何度も出てくる。

聖霊の主な機能は、苦痛と喜びの見分け方をあなたに教えること、と書かれていた。

これを実感すると、まるで「ホ・オポノポノ」の実践と同じだ。

なので、コースをかじった人や サラッと読んだ人は、「ああ、知ってる。同じだ」
と、勘違いしてしまう。

わたしも最初はそう思ったけど、深まっていくと、それは違うものだとハッキリ
分かるようになってくる。

そういう段階も必要だったかもしれないが、人それぞれの学ぶときの相性とかそんな
関係なのかもしれない。

なにを学んだにしても、ぐるんと考え方をひっくり返さねばならない。

それが、何度もやってくる。
なので、引き寄せの法則に引っ掛かっていると、そのぐるんと引っくり返る
キッカケやチャンスが先延ばしになる危険性もある。

なんせ、エゴにとっては面白くもないし、つまんないからだ(笑)

引っくり返ってからは、もう元には戻らない。戻れない。

それもまた、人それぞれだし。  もう ほんとに。  自分次第!

コースが深まってきたら、いろんな法則が疑問になったり、
まったく意味を感じなくなったり、逆に面白く感じたりするようになった。

小さい頃に感じていた こころが また起きるようになってきて
ますます言語化するのが難しくて、意味不明なことを口走るようになった^^;

それでも罪悪感に襲われることが少なくなったので、以前とはまったく違うと感じる。


[PR]
by kokoro3heian | 2017-03-26 15:50 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)