ほんとうのこと

kokorococo.exblog.jp

弱さという勘違い

弱くて なにもできない と、思うことはできるが、そんな人は存在しない。 そんなものは、存在しない。
[PR]
# by kokoro3heian | 2018-01-19 07:26 | つぶやき | Comments(0)

lesson353~354


おとといから、わたしにとっては大きな気づきがあり、その詳細を
書いたら、すべてが消えてしまった...

シェアしたい内容だったのにな~~...と思ったが
聖霊から「まだ終わった訳ではないから」と伝わってきた

まだなのか。まだあるのか。大きい峠を越した気はするけど。
確かにまだ見たくないし避けているからなぁ。
結婚のときの呪縛が取れてよかったなぁと思ったのだけど...

「赦しをして解放することに、もっともっと喜びを感じて欲しいの。
何度も何度もくる赦しの材料に対して、出産や吐く前の嗚咽くらい
苦しいものと考えているでしょう?」

たしかに。けど、なんでシェアしちゃダメなの?

「このブログを書くのは、シェアすることを目的としていなかったよね?」

たしかに、湧きあがる想いをどこかに書きたかっただけだし
振り返ることで、じぶんが気づきを思い出したり学びになっているからだけど...

「あなたを先導するのが、エゴではなく わたし(聖霊)だと知って欲しいから」

わたしにとって、とても大きい気づきだったから、全部消えちゃってショックだったけど
エゴではなく、聖霊に導いて欲しいよ。
きのうの新月にそれを心から願ったし、ワークブックを開いたら
私は一歩退いて神に導いてもらう 私は神に至る道を歩きたいのだから
って書いてあったしね。

赦しは続くよ どこまでも...


奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



< レッスン 353 >

マニュアル 祈りの歌P9からの気づき
罪悪感がなければ、欠乏感は存在しない。
罪なき者に、必要というものはない。

心に響いた。

めっちゃ欠乏感あるし、必要と思っている。
けど、前よりだいぶ減ったなぁ...



< レッスン 354 >

え~?ありえない。 とか まじイヤ!という黒いものを

ハートの静けさの湖に浮かべよう。

すると聖霊がやって来て、それを微笑んでみつめてくれる。
やがて黒いものは湖に溶けだし、ハートと一体となり 私のすべてになる。

「それでいいんだよ」と聖霊のあたたかい光に包まれる。

それすらも 幻想。
ほんとうは 揺るがないものがハートの中にある。
ソコ、 にある。 ソレ、 はいつも変わらず平安で在り差もなく対もない 一なるもの。

赦しが起きる時、心の重荷がスーッと解放される感じ。



ただ 一般的な解釈が間違ってるんだ。
だから言葉は難しい。伝えるのが難しい。
だから本も分厚くなる。
なんどでも なんどでも...



[PR]
# by kokoro3heian | 2018-01-18 16:13 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

駄目な人

自分ことを駄目だと思ってる人 と 私が駄目だと感じる人がいる。

けれど、駄目な人は存在しない。 いると思っているだけで、実際は存在しない。
[PR]
# by kokoro3heian | 2018-01-18 11:19 | つぶやき | Comments(0)

lesson350~352

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



< レッスン 350 >

奇跡ってなんだろう?
24時間テレビでいう、「奇跡的に...」とは、何だか違う気もするし、似ている
気もする。
赦しやキリストが受け入れやすくなる状態のことをいうのかもしれない。
でも、奇跡を差しだすってどういうことだろう?


今日は父を病院へ連れて行くのが嫌だった。
とにかく奇跡の状態を意識した。
すべて奇跡へ譲る。よくわかんないけど...。
ということを繰り返していた。
病院はすごくハードで、レントゲンを4回も撮り直したり
行ったりきたりだった。けど、周りの人がとても親切で明るい人ばかりだった。
そのまま父は入院することになった。なんと骨折していたことが判明して
しかも救急車で運ばれた時点で骨折していたらしい。
めっちゃ疲れた。
けれども、すごく周りが明るい状態で、なにより父が明るくて
入院が決まって最悪だと思っていたのに、とてもスムーズだった。
しかも、隣で待合の人が 私の頭の中のことを言葉でしゃべりだし、
驚くほどシンクロしていた。
な、なんなんだ?????と思った。
私の心も不思議とスーーーーーッと軽く気持ちよくなっていった。
病室も、たまたま空いていたという個室に入ることが出来、ゆっくりできた。
でもなぁ。2度も骨折して、また認知症が悪化したら最悪だ...と憂鬱だ...
と、ふと振り返って父を見たら、父の向こうの窓から虹が見えた。
これでいいのか...という、ちょっと納得の気持ちになった。

家に帰って、このことをこうしてノートに書けた。 とにかく。 疲れた...

本当にすべては最初から決まっているのかもしれない。
そんなことを感じた出来事だった。


第2部 14 私とは何か


< レッスン 351~352 >

朝から嫌なこと(不安になること)ばかりが続いた。
赦しをすると、ふと、これはこうなるべきだったのでは?
という思いになり、スーーーーッと力が抜けた。
まだ怖さはあるものの 赦しを続ける。

愛と裁き どっちがいい? 愛に決まってんじゃーーーん!

愛に不平不満はない。

ムージや神の使者の動画を見たり聞いたり... 時々眠りが襲う...



[PR]
# by kokoro3heian | 2018-01-16 14:04 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)

気づきのこころ lesson346~349

奇跡講座  内なる平和のための財団

ワークブック編



父が転んで救急車で運ばれた。バタバタしてしまい、結局、猫の供養にも行けなかった。

人の行いを見て、それがどんなに間違っていると思っても
「そこに安心している」のだから、取り上げようとしても意味がない。
私もエゴにたくさんの安心を抱いているのかもしれない...

そんなことを思った一日だった。


< レッスン 346~348 >

マニュアルのP12~ 読んでいたら、下で(私は2階にいたので)
「ぎゃー ムカデがいる! 掃除機で吸いこめ!」と騒ぐ声が聞こえた。

ムカデ... こわい... これもエゴだよな。と感じた。

そう思いながら、マニュアルを読み始めたら

神の想起を阻む障壁となるのは、赦そうとしない思いの様々な形であり
それ以外の何ものでもない
マニュアルP13より

と書いてあった。なるほど、様々な形になるんだ。ムカデとか!
と、妙に腑に落ちた。

この幻想の中では、私達はつながっていない。
神の光は ひとりひとりにそそがれていて、特別である。
癒された時、わたしたちはひとつであったと知る。
そこでは すべてが つながっている。


< レッスン 349 >

すべての結果に、私の責任があると思っていた!それでいつもゆだねようと思っても
「どうしよう? こうしたらいい? ああするか」と悩んでしまうことがあるんだ。
(すぐに委ねてはいたけれど...)
人をコントロールしたくなるのは、ここにあったんだな~
自分を神だと思っていたんだ!(笑)
そういえば、悩む母に「自分で心臓動かしてんの?あんたは神なの?」と言って
一緒に笑ってたな。

言ってたのに、気づいてなかった!

それは自分に言ってたのに!

あとでいろいろ言ったことに罪悪感を感じていたけど、気にすることないという
のも分かった。
それは、全部自分に言ってることだったんだもんね!
咎めを時々言ってるから、時々罪悪感を感じていたんだ。
自分に言ってることなら、いろいろ気づけるもんな~~
気をつけよう。

ほんとうに。 気をつけて いよう。

わたしは神の子。 神の力をもつ。

けれども その力を 思い出せずにいる。 思い出す方法は、わたしには出来ない。

思い出させてくれるのは 神の力であるから。


マニュアルP29からの気づき
すごくよく分かる。私が癒されてないことも。分かる。
残念な気持ちにより、気づけたことが数倍嬉しい。
ここから抜け出せるような気がする。


[PR]
# by kokoro3heian | 2018-01-16 10:58 | 奇跡のコース 実践編 | Comments(0)